キャスト・オイル交換2回目

オイル交換

エンジンからカラカラ音が出てきました。ターボ車のオイル交換はマメに!

ダイハツ・キャストの説明書には、オイル交換のタイミングはNA車が1万キロ毎、ターボ車が5000キロ毎もしくは6か月毎のどちらか早い方を推奨するとかいてあります。

ただし、シビアなコンディション下ではNA車が5000キロ、ターボ車は2500キロ毎にオイル交換したほうがよいそうです。

ダイハツ・キャスト・メーター・走行距離

ダイハツ・キャスト・メーター・走行距離

現在、我が家のキャストの走行距離は納車されて9カ月ほどで7000キロ程度です。

主に娘の保育所への送り迎えと街中での買い物などにママが乗っているため、シビアコンディションにあたるのかもしれません。

1回目のオイル交換がたしか3000キロ付近で行っていて、今回、それから4000キロ走っています。

5000キロは大丈夫かなと思っていましたが、どうやら甘かったようです。

しばらく前から朝エンジンをかけて走り出すと、しばらくの間、カラカラと音がなるようになりました。ある程度走行してエンジンが暖まるとやみます。

まあそのうち自然に治るかなと思っていたのですが、朝、発進時はやはりカラカラ音がなります。これはターボエンジン故の現象かなとも考えていました。

昔、フォルクスワーゲン・ゴルフを所有していたことがあるのですが、それが直噴ターボエンジンで、アイドリング時にカラカラ音がよくしていました。

もしかすると、オイルの粘度が合っていなかったのかもしれません。

ということで、前回のオイル交換から4000キロですが、いつもお世話になっている自動車整備工場に持っていき、オイル交換してもらうことにしました。

ついでにオイルの粘度をメーカー推奨の5W-30にしてもらうことに。

前回入れたオイルは0W-30でした。オイルの粘度の見方は、この場合、0が低温時の粘度で、30が高温時の粘度です。数字が大きいほど粘度が高くなります。

ザーレンオイル

ザーレンオイル

粘度が高いということは、オイルが硬いということです。

しかし、不思議ですね。私が何か勘違いしているのかもしれませんが、普通、液体は温度が高いとサラサラになるように思うのですが、オイルの場合は高温になると粘度があがるのですね。

0W-30だと低温時つまり、エンジンをかけてすぐはエンジンオイルがさらさら過ぎて油膜切れをおこしていたのでしょうか。でも、そのオイルを入れて4000キロ程度走るまでは特に問題はなかったので、オイル自体が劣化したいたのかもしれません。

とにかく、オイル交換してしばらく走行して新しいオイルが馴染んできたらこのカラカラ音の問題は解消されました!

修理工場では、エンジンオイルはターボ車なら3000キロ毎に絶対交換したほうがいいとのことです。NA車でもできるだけ3000キロ毎の交換がいいそうです。

マメにオイル交換しているのとそうでないのとでは、10万キロ以上走行したときのエンジンの状態が全然違うそうです。

ということでターボ車に乗っている方は特にですが、オイル交換はマメに行うようにしましょう!

安いオイルでもいいそうですよ。高額なオイルを長期間使うよりは、安いオイルをマメに交換するほうがいいとのこと。もちろん、いいオイルを3000キロ毎に交換出来れば一番よいですが。。。

私は、ザーレンオイルというディーラーで使っているよりもちょっといいオイルを入れてもらっていますが、走りの違いを実感できます。

エンジンオイルは軽視しないほうがいいですね。人間で言えば血液のようなものですから。

さて、もうすぐ正月ですし、外は寒いですが、これからキャストを洗車してウィンドウの撥水加工をしようと思います。

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

キャスト・オイル交換2回目

無事オイル交換終了しました。

スマートアシスト2が停止

スマアシ停止

スマアシ停止

この画像はオイル交換とは関係ありませんが、つい先日、濃い霧の中で”スマアシ停止11E”とエラー表示され、スマートアシストⅡの機能が止まりました。

そういえば、ダイハツの衝突回避支援システムであるスマートアシストが2から3に進化しましたね。先日マイナーチェンジされたタントに早速搭載されているようです。

スマアシ2では単眼カメラ+レーザーレーダー(赤外線)だったのが、スマアシ3ではステレオカメラ+ソナーセンサーになり、自動ブレーキが歩行者に対しても効くようになったらしいです。

作動速度域も広くなり、オートハイビームも追加され、今まで以上に安心して運転できるようになりますね。

関連記事

  1. キャスト・アクティバ Gターボ オイル交換

    オイル交換

    初めてのオイル交換、ザーレンオイルで走りが劇的によくなった!

    キャストアクティバGターボが納車されて早2ヶ月半経ち、走行距離は2,8…

コメント

  1. アバター
    • r
    • 2020年 3月 12日

    エンジンオイルは温度(油温)が高くなれば粘度は低く(サラサラに)なりますよ^ ^
    ご参考までに…

    https://oft.jp/eco/aboutoil/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

愛車を少しでも高く売るには、車の買取一括査定情報局で情報収集することをおすすめします。

最近の記事

  1. 30系アルファードS”Aパッケージ”
  2. ダイハツ・キャスト・フロントウィンドウ
  3. キャスト・アクティバ・Gターボ
  4. キャスト リコール実施のお願い
  5. キャストアクティバ Gターボ
  6. 洗車前のキャスト・斜め後ろから
  7. キャスト・オイル交換2回目
  8. トヨタ・CH-R・G・見積書
  9. トヨタ・CH-R・ミニカー
  10. トヨタ・CH-R・G-T・運転席

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. キャスト・アクティバ Gターボ

    その他

    ハスラーとキャストアクティバ対決!?
  2. 洗車前のキャスト・斜め後ろから

    洗車

    久しぶりにキャストを洗車しました。キーパーラボのガラスコーティングはまだまだ効い…
  3. スバル・インプレッサ・2.0i-S・内装

    インプレッサ

    2016年10月にフルモデルチェンジされた新型インプレッサ・2.0i-Lに試乗~…
  4. 30系アルファードS”Aパッケージ”

    その他

    30系アルファード後期の全貌が判明!もはやフルモデルチェンジ並みの変更
  5. キャスト・アクティバ・パールホワイト

    オプション

    わが家が注文したキャスト・アクティバGターボの仕様と値引き額~その1
PAGE TOP