キャスト・アクティバ Gターボ

インプレッション

キャストアクティバGターボの残念な点(その2)

先日、キャストアクティバGターボの残念な点(その1)を書きましたが、今回はその続きとして残念な点その2を挙げてみます。

アイドリングストップのタイミングが難しい

キャストは「エコアイドル」というアイドリングストップの機能が付いていますが、条件が揃えば減速して完全停止する前の「時速9km/h以下」になるとアイドリングストップが作動します。

条件が揃えばというのは、具体的には

  • エンジンが十分に暖まっているとき
  • トンランスミッションオイルが十分に暖まっているとき
  • エンジン冷却水温が高すぎないとき
  • バッテリーが十分に充電されているとき

などの条件です。

他にも細かな条件はありますが、主には上記のような条件です。

条件が整えば、メーター内に「ECO IDLE」の文字が緑色に点灯します。

キャスト・アクティバ Gターボ 「ECO IDLE」点灯時

キャスト・アクティバ Gターボ 「ECO IDLE」点灯時

試乗の時、初めてこのエコアイドルの完全停止前の「時速9km/h以下」でのアイドリングストップを体感したのですが、すごく不思議な感じでした。
アルファードは完全停止しないとアイドリングストップをしないので、完全停止前のアイドリングストップにちょっと違和感を感じました。

今はもう慣れたので、まぁこんなもんかなーと思いますが、1ヶ月乗ってきた今でも、時々違和感を感じることはあります。

というのも、
時速9km/h以下になってアイドリングストップを一旦したにも関わらず、完全停止する頃にエンジンが再始動することがあり、完全停止してからまたアイドリングストップをする
という、少し挙動がおかしい時があります。

アイドリングストップのタイミングが難しいというか何というか・・・
どうせなら、完全停止してからアイドリングストップすればいいのに・・・
と思ったりしますが、これは少しでも燃費をよくするためののシステムと考えると、まあ許容範囲ではあります。

また詳細な条件はわかりませんが、条件が揃わなければ「時速9km/h以下」での停車前アイドリングストップ機能が作動せずに、通常の完全停止した際に作動するアイドリングストップになります。

今のところ、「時速9km/h以下」での停車前アイドリングストップと通常のアイドリングストップは、半々くらいの割合で作動しているように思います。

ちなみに、アイドリングストップをしている最中に、さらにアクセルを踏み込むと、エンジンが再始動をします。
ママはほとんど経験したことはないですが、パパは何度か不本意に再始動してしまって困ったことがあったようです。

アイドリングストップからのエンジン再始動の振動が大きい

キャストはアイドリングストップからエンジンが再始動する時、ガッタン!と結構な振動があります。
音もそれなりにブルルーン!とうるさいですが、まあこれは仕方ないですかねー

と思っていたら、スズキのSエネチャージ搭載車は、エンジン再始動じの振動や音がかなり抑えられているのだとか。
このあたりは、Sエネチャージというスズキのマイルドハイブリッドシステムが優れているんでしょうね。
その点ではうらやましいです。

キャスト・アクティバ Gターボ

キャスト・アクティバ Gターボ

関連記事

  1. キャスト・アクティバ

    インプレッション

    テレビ塔までキャストアクティバで登頂!

    キャストアクティバが納車されたら、まずは行ってみたいところがありました…

  2. キャスト・アクティバ Gターボ

    インプレッション

    キャストアクティバGターボの良い点(その2)

    以前にアクティバGターボの良い点(その1)を書きましたが、今回はその続…

  3. キャスト・アクティバ Gターボ

    インプレッション

    キャストアクティバGターボで高速道路を初走行

    先日、キャストアクティバで初めて高速道路(正式には自動車専用道路)を走…

  4. キャスト・アクティバ Gターボ

    インプレッション

    キャストアクティバGターボの残念な点(その1)

    前回、アクティバGターボの良い点(その1)を書きましたが、今回は気にな…

  5. キャストと桜

    インプレッション

    キャスト・アクティバで近所をぶらぶらと

    昨日の日曜日は、家族で花見をした後、近所をぶらぶらとキャストで走り回り…

  6. キャスト・アクティバ Gターボ

    インプレッション

    キャストアクティバの後席居住性について

    キャストは基本的に毎日運転するので、ママ自身が助手席や後席に乗ることは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

愛車を少しでも高く売るには、車の買取一括査定情報局で情報収集することをおすすめします。

最近の記事

  1. 30系アルファードS”Aパッケージ”
  2. ダイハツ・キャスト・フロントウィンドウ
  3. キャスト・アクティバ・Gターボ
  4. キャスト リコール実施のお願い
  5. キャストアクティバ Gターボ
  6. 洗車前のキャスト・斜め後ろから
  7. キャスト・オイル交換2回目
  8. トヨタ・CH-R・G・見積書
  9. トヨタ・CH-R・ミニカー
  10. トヨタ・CH-R・G-T・運転席

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. クリスタルキーパーの水はじき具合

    カーコーティング

    キーパーラボのコーティングの効果のほどは?
  2. キャスト・アクティバ 燃費計

    インプレッション

    燃費は想像以上に良かった
  3. トヨタ・ピクシスジョイ

    他車との比較

    ダイハツ・キャストをトヨタがOEM供給でピクシスジョイとして発売
  4. キャスト・アクティバ Gターボ

    メンテナンス

    キャストアクティバ1ヶ月点検終了!
  5. キャスト・アクティバ・パールホワイト

    オプション

    わが家が注文したキャスト・アクティバGターボの仕様と値引き額~その1
PAGE TOP